SUNTORY

  • BAR-NAVI by suntory OFFICIAL BLOG
  • BAR-NAVI by suntory OFFICIAL BLOG
  • BAR-NAVI by suntory OFFICIAL BLOG
  • BAR-NAVI by suntory OFFICIAL BLOG

2016年2月16日チーズにオイルに水素水、意外な素材に心躍る「ミクソロジー」の世界
〜東京・西麻布 Bar 霞町 嵐(バー カスミチョウ アラシ)

list18.jpg

「西麻布に変わったカクテルが楽しめるバーがある」という
噂を聞き、地図を頼りに交差点奥の住宅街へ。
たどり着いた住所には小さな「Bar 霞町 嵐」の看板、1Fにはヘアサロン・・・
入り口はどこ?ここを降りるの?と 思わず躊躇してしまう細い階段に、
ドキドキ感が高まります。

階下に広がっていたのは、カウンターとテーブルで全22席の
ゆったりとした空間。著名ミュージシャンのプライベートスタジオだった部屋を
改装して店舗にしているそうで、重厚な防音扉がそれを物語っています。

店主の竹田英和さんが迎えてくれました。

20代はスノーボードの選手だったという異色の経歴を持つ竹田さん。
現役時代はイタリアンなどのレストランでも働いて料理の経験を積み、
引退後、バーテンダーに転身。
食材による味の構築という経験を生かして作るのは
「ミクソロジー」というカテゴリーのカクテルです。

「ミクソロジーとは、フレッシュな素材を使い、
科学的なアプローチですべての素材の味を液体化するという手法です。
バーで修行を重ねるうち、ミクソロジーの世界に
のめり込むようになりました」(竹田さん)
素材の味の液体化とは、たとえば香り高く透明な
バナナやトマトのカクテル、カレーのカクテル、
ベーコンやステーキのカクテル(!)まで・・・。
「遠心分離機や液体窒素などを使ってうまみ成分を抽出したり、
水素水に野菜を漬け込んで風味を移したり。
料理や製菓などさまざまなジャンルからヒントを得て
自分だけのオリジナルカクテルを追求しています」(竹田さん)

話を伺っているだけで、想像に胸が膨らんでしまいます。
1杯目は、そんな期待を裏切らない「シトラスカプレーゼのカクテル」。
はっさくをつぶしてモッツァレラチーズを加え、
クレイジーソルトを少々。エキストラバージンオリーブオイルと
エルダーフラワーシロップでコクをプラスし、
よくシェークしてグラスに注ぎ、バジルを飾って完成。
レシピを書いているだけでも料理のようです。

味わいは・・・チーズの香りがほんのり、
すっきりとした軽いのにクリーミーで、はっさくの甘さを感じる後味。
ソルトが柑橘の甘みをまろやかに引き立て、想像よりも
ずっとカクテルらしい、まとまりのあるおいしさ。
味を液体化するだけでなく、完成度の高い1品としてまとめる、
「ミクソロジー」のおもしろさに、この1杯で興味が湧きました。

2杯目はぐっとシンプルに、でも初めていただく
「白州12年の水素水割り」。
「水素水は、合わせるお酒の味を邪魔せず、
香りをぐっと引き立ててくれます。当店では専門の器具で
水素水を作っていますが、飲みなれると他の水に戻れなくなりますね」と竹田さん。
水割りで軽いのに、白州12年のほんのりスモーキーな香りが立って
なるほど〝ここでしか飲めない〟おいしさを堪能しました。
またグラスの下にライティング・コースターを。
水割りの色調の変化も楽しめる素敵な演出をしてくださいました。

ちなみに1杯目のカクテルは、竹田さんが自身を切磋琢磨するために
設けた、新しい味を模索する「賛否両論」シリーズの2月の1杯。
その他にも「生姜カクテル」など、
攻めた冬の味が楽しめるので、気になる方はぜひ2月中に来訪を。

<紹介カクテルの価格とお店データ>
DATA

シトラスカプレーゼのカクテル 1,300円
白州12年の水素水割り 1,300円
チャージ 無し

Bar 霞町 嵐(バー カスミチョウ アラシ)
東京都港区西麻布3-23-14 内田邸B1F
TEL 03-5772-8811
19:00〜03:00(月〜土) 日曜および祝日の月曜休
http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0357728811/

ページ先頭へ